お金借りる おすすめ

お金を借りるならこれがおすすめ

お金を借りるならここがおすすめ

お金を借りるのであれば、通常的にはいわゆる消費者金融を利用するのが一般的です。

 

最近では銀行系のカードローンも台頭してきていますが、低金利で利用出来るのが裏目に出て、結局債務超過状態になって返せなくなる人が続出しました。そもそも、総量規制(年収の1/3以上の借入ができないルール)の対象外だったのが理由で顧客を集めることができたわけですが、これって本末転倒ですよね。

 

消費者金融ではこれ以上借金ができない人が銀行系カードローンに流ただけで、返済できないものは返済できないわけです。最初から貸す意味がありません。
こうした状況のなか、日本弁護士連合会のアンケート結果から、「銀行系カードローンはお金を貸し過ぎだよ」ということが揶揄され、銀行系カードローンでも自主規制が始まっています。もはや消費者金融とやっていることは同じになりつつあります。

 

 

また、本来的には利息の極力かからない、知人から借りるということが最も安全です。ただ、そうもいかない人がどうしたらお金を借りられるか探している状況だと思います。

 

そうなると、お金を借りるのであれば、最初から消費者金融でどう借りるかを検討するのが得策です。
変な小細工を駆使するより、それが安全な借金ということになります。
変なところから無理に借りても、常識を逸した取り立てにあったりなど中長期的にメリットはありません。

 

お金を借りる際に審査が通りやすいのはここ

ここでは消費者金融でお金を借りる場合の選択肢をまとめておきます

自分が即日お金を借りられたところに加えて、借りやすそうな消費者金融をあげておきます。なんだかんだ、テレビCMを良くみる大手が安全です。
こういった大手からお金を借りられないのであれば、借金よりも他の方法を検討した方がよいと思います。

 

モビット

SMBCモビット

 

>>>モビットの公式サイトはこちら<<<

 

2017年12月1日に株式会社モビットは、株式会社SMBCモビットに社名変更したそうです。
三井住友銀行の配下になったということで、イメージカラーも三井住友銀行のような緑系に変わったみたいですね。

 

ノンバンクカードローンでの顧客満足度ランキング1位なんていう標榜もありますが、ノンバンクと言ってよいのかどうか・・・・。
ともあれ利用のしやすさは確かだと感じています。
借入のしやすさ、申し込み手続き、借入条件、審査、返済のしやすさ、セキュリティの面で1位だそうです。(オリコン日本顧客満足度ランキング)

 

何にせよ、私が即日お金を借りることができたモビットです。しかもネット完結というのがすごいです。

 

経緯はこちらに書いた通りです。
公務員でもお金を借りられるの?

 

プロミス

 

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

 

条件によってはプロミスも使い勝手が良さそうです。WEBだと最短で1時間で借り入れできるとのこと。流石にかなりの信用度がないとダメでしょうけどね。郵便物やカードレスで、WEBで手続きが完了可能なので、私はモビットで借り入れした時と同じことが出来るイメージです。

 

プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスの配下で、結局は三井住友銀行じゃんということなのですが、SMBCが台頭しているようですね。

 

公式サイトだと、生年月日、年収、他社での借入額の3項目で、借入シミュレーションをやってみましたが面白いです。
その他、最近はかなりWEB完結にこだわっているようで、24時間いつでも申し込み、最短30分審査回答、最短10秒借入をうたっています。
即日融資どころか、うまく行けば数時間で借入まで終わってしまいそうです。

 

即日審査についてはこちらを参照下さい。
ネットで完結!即日審査も可能なのはここ

 

アイフル

 

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

 

まさかアイフルもSMBC絡んでないだろうな?と思って確認してみたのですが、さすがに関係ないようです。
なんだかアイフルも他の消費者金融と同じですね。強いて言えば色が違う!くらいでしょうか。
借入シミュレーション可能、最短30分審査、振込かATMで即日借入可能など、それほど目立つ内容はないですね。

 

唯一目新しいのは、カードの受け取り時間帯を指定できる所かと思います。午前中、もしくは、午後は2時間おきで指定できます。
家族にばれずにカードをゲットしたいという思惑が見え隠れしますね。

 

誰にもばれずにお金を借りたい場合はこちら
職場や家族にばれずにお金を借りるならここがおすすめ

 

 

それにしても、どの会社もテレビCMもよくやっていますし、よほど儲かっているのかも知れません。それほど借入をする人も多いということなんでしょう。

関連機関へのリンク

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ